日本アロマメディカル心理セラピー協会口コミ評判

日本アロマメディカル心理セラピー協会口コミ評判

口コミ評判から見えてくること 皆ストレスを抱えている!

日本アロマメディカル心理セラピー協会は、心のケアを中心とした技術のスキルが一定以上であることを認定する資格です。資格認定の目的は、「技術の向上」「技術を利用する企業・顧客に客観的尺度を提供する」「技術者の社会的地位の確立」です。また、企業・顧客が要求している技術を十分理解して技術の有効活用ができる人材の育成も目的に挙げています。現代はストレス社会だと言われています。ストレスは社会問題となり、人が生活する場所には大小に拘らず何らかのストレスが存在しています。働く世代だけではなく、主婦、高齢者、最近では子供もストレスを抱えています。ある程度の従業員を抱える企業にはストレスチェックが義務化されています。ストレスを抱えていると判定された人に対してストレスを軽減する対策を講じなければなりません。家庭の主婦もストレスを抱えています。子育て、夫婦関係、ママ友との付き合いなど一人で悩んでいるケースもあるのではないでしょうか。ストレスは、多分なくすことはできないと思います。ではどうするか?ストレスを溜めない方法、ストレスを解消する方法、ストレスとうまく付き合う方法を見つけることだと考えます。

口コミ評判から見えてくること ”心のケア”でストレス解消!

日本アロマメディカル心理セラピーに寄せられた口コミ評判を紹介します。「美容サロンを経営しています。お客様の中には会社を経営されている方もいらして、日々ストレスが蓄積していく、何かで発散しないと身が持たないという話を聞きました。ちょうど自分の癒しのためにアロマを使い始めた頃でした。サロンでアロマを使えると思いアロマヒーリングセラピストの認定資格を取得して仕事に活かしています。」「以前からハーブに興味があったので独学で勉強してベランダでハーブを育てていた。仕事につなげたいと思い、メディカルハーブカウンセラーの認定資格を取得して自宅で開業をした。独学だったが認定資格を取得することで自己の知識に自信が持てたので開業ができました」という声があります。また、「仕事が忙しくて体調不良が続いた、そんな時アロマを知ってお風呂に入れたら気分が落ち着いて癒された。この経験からアロマの事をもっと知りたいと思い認定資格を取得するまでになった。会社の中で資格を活かせるポストにつけそうです」という時代のニーズに合った口コミ評判もあります。このように日本アロマメディカル心理カウンセラー協会で取得できる資格は、今の時代、癒しを求めている現代人のニーズの応えることができる資格です。過去のストレス発散といえば飲酒やカラオケでしたが、根本的なストレス解消にはなっていなかったのだと思います。

口コミ評判から見えてくること 人気のある癒しの資格

日本アロマメディカル心理カウンセラー協会では”心のケア”に関する7つの資格を用意しています。心理系カウンセラーは、企業からも必要とされていて今後ますます需要が増えると思われます。数多くの口コミ評判から人気がある認定資格をご紹介します。アロマヒーリングセラピストはアロマテラピーの専門家で、アロマオイル(香)を使って心身ともに癒すことを目的とする療法です。最初は自分が癒されたいと始める方が多いようですが、自己の経験を活かすために専門家を目指すケースも増えています。メンタル心理ミュージックアドバイザーは、”音”を利用した癒しのプロです。多面的に人間を考え、深く理解し、音楽の考え方・利用方法を連動させながら様々な場面でアドバイスができるようになります。高齢者施設での需要もあります。風水セラピストは、空気の気を理想的なバランスに保つアドバイザーとして知識・技術が身に付きます。「認定資格取得後は、友人から新築をしたから見に来てほしいと言われた。不動産屋で風水セラピストを求めていると聞いた」という口コミ評判があります。その他、美快眠セラピストも睡眠の質は人生にとって大切な問題ですから人気が高まってきています。

 

デッサン  デッサン

*
*
* (公開されません)