水彩絵の具

水彩絵の具

水彩絵の具とは・・・

水で溶いて塗る絵の具のこと。みず絵の具。

45 (2)   種類

▼ 透明水彩

▼ 不透明水彩

 

透明水彩
透明感のある顔料で、アラビアガムを多く含のでいます。水で溶いて塗ると透明感のある色になり、下に描いた線や色面を透けて見えるようにします。

いわゆる「水彩画」は透明水彩で描かれたものをいいます。水で溶いて淡く塗られることが多いものです。

●不透明水彩

不透明な顔料で、アラビアガムは少なめに含んでいます。顔料が下の線や色面を覆い隠して見えなくするため不透明水彩と呼ばれています。

水を少なめに使い、絵は重厚で力強い作品にします。顔料が表面に出て発色するため色が鮮明なのが特徴です。

 

45 (2) 使用する物

・絵具

多くの種類があり、最近ではラメ入りなども売られています。

・下絵

下絵を描く紙は、水分を含んでも紙の繊維が壊れて破れない紙を使用してください。

・パレット

水彩絵の具は固まっても水で溶かすことができるので、水洗いする際は絵具の各部屋は洗わず次にも使えます。

・筆

筆の種類は、その穂先の形状(丸いもの(丸筆)、平たいもの(平筆))と太さがあります。

また穂先の素材は、動物の毛かナイロン製があります。水筆など水入れが不必要な筆もあります。

・水入れ

瓶など筆が洗えるものでしたら代用できます。

色が混じらないようにできるだけ多くの洗う場所を作っておくか、こまめに水をかえてください。

・イーゼル

風景などを描く際あった方が便利です。

・スケール

景色を切り取るための範囲を簡単に確認するためのものです。

 

45 (2) 風景画の塗り方

1 あたりをつける

紙に大まかな下絵を描きます。構図を決める際は薄くあたりを付け、配置が決まったら少し濃いめに軽く形を描いていきます。

2 水を塗る

色の塗る箇所が多いところから、にじみ・ぼかしを使って描いていくので、塗る箇所に予め水を塗っておきます。

3 色を付ける

水が表面にあるうちに、優しく色を置いていきます。

押さえつけるように塗るのではなく、紙を撫でるように塗ります。

絵具を置いたらにじませ、紙に上で色を混ぜつつ塗っていきます。

細かい場所が必要な箇所はもう一度鉛筆でスケッチしたのち、色を塗っていきます。

全体を見ながら塗っていき、時々筆を止めてバランスを確認し、完成です。

 

予め陰になる部分を青色で塗っておく方法など様々な方法があるので、お好きな塗り方を調べてみてください。

にじみ、ぼかしを付けるとふんわりした出来栄えになりますが、逆にしっかりしたい色を付けたい場合は水の量を減らし、色を混ぜないように塗ります。

また紙の質によって絵具の伸びや、ぼかし具合など変わってきますので、紙を変えて色を塗って経験してみると面白いと思います。

 

 

 

デッサン  デッサン

*
*
* (公開されません)