人気資格!鉛筆デッサンマスター認定試験の口コミや評判

人気資格!鉛筆デッサンマスター認定試験の口コミや評判

鉛筆を使い絵を書く鉛筆デッサンですが、最近では鉛筆デッサンマスターが人気資格の1つになってきているようなので鉛筆デッサンマスター認定試験についてのまとめです。

デッサンとは?

デッサンとは主に鉛筆やコンテ、木炭などの黒一色の濃淡のみで描いた絵のことをだったり、 またはその絵を、描く行為のことをデッサンといいます。

簡単な彩色を施したりする場合もあるようで、必ずしもモノクロのみで描かれたものを指す訳では無いようです。

鉛筆デッサンマスター認定試験について

鉛筆デッサンマスター認定試験とは「日本デザインプランナー協会」が主催する試験となっており、「デッサンの理論や技術を理解し、様々な対象を描く技法をマスターした人に与えられる資格」になっています。

この鉛筆デッサンマスター認定試験の受験者が年々増えているようで人気資格の1つになっているようです。

全然知識が無くても絵が上手くなる?

鉛筆デッサンは人気ですが、やはり絵を描くには基本となる知識と技術が必要になってきます。

鉛筆デッサンを始めたいけど、基本が解らず何から勉強したらいいか解らない方などは絵画教室などもありますが、最近では通信講座で勉強する方が増えています。

絵画の教室だと、通う距離であったり時間決められていて、なかなか通う事ができなかったりする人も多いかと思うのですが、通信講座なら自宅で鉛筆デッサンの知識や技術が身につきます。

口コミや評判が良い通信講座は?

忙しい方にピッタリなのが通信講座の受講ですが、実際通信講座といっても当たり外れがあると思いますが、口コミや評判が良い通信講座を調べてみると「通信講座・通信教育の諒設計アーキテクトラーニング」が評判が良かったです。

評判が良かった理由としては「テキストが解りやすくてみるみる描く絵が上達した」などの声も多く、ほかには「日本デザインプランナー協会の試験免除コースが良かった」などの声もありました。

諒設計アーキテクトラーニングの講座のコースによっては、通常鉛筆デッサンマスターの資格は日本デザインプランナー協会の試験に合格しないと資格の取得を出来ないのですが、その試験を免除で講座を卒業してすぐに資格がもらえるようになっているのも口コミや評判が良い理由の1つのようです。

趣味だけではなく副業としても役立つ資格?

鉛筆デッサンマスターの資格は仕事の関係で資格を取得する方も多いのですが、絵を描くのが好きで資格を取得する人も多くなっています。

口コミや評判を見ていると絵の知識が全くなかった人ってが通信講座で知識と技術を身につけ「自宅で絵のカルチャースクールまで開くようになった」などの声もあり副業としても資格の取得が役に立っているようです。

ほかには「SNSで資格の取得した仲間が集まり小さい会場ですが鉛筆デッサンの個展を開くようになった」など、資格を通して同じ絵が好きな人が集まって個展を開いたりと、自宅で絵を描くだけではなく活動の幅も広がったりしているようです。

鉛筆デッサンマスター認定試験まとめ

鉛筆デッサンマスターの認定資格ですが、趣味だけでは終わらずに、自宅でのカルチャースクールや仲間と個展を開いたりと、資格の取得によって活動の場が広がるようなところが口コミなどで広がり人気がでてきているようですね!

忙しくて絵画教室に通う事が出来ない人などは通信講座の利用などで資格取得をしてみてはいかがでしょうか。

デッサン  デッサン

*
*
* (公開されません)