デッサン・スケッチを極める絵画インストラクター

デッサン・スケッチを極める絵画インストラクター

デッサン・スケッチを極める絵画インストラクター

モデル(花・果物など)や人物などを光や影を含めて立体的に精密描写するデッサンや、風景や景色などを実物に沿って特長などを捉えてスケッチするには、専門的な知識やテクニックなどを習得していないと、なかなか上手く描くことができません。その為、ファッションや建築関係などでデザイナー業務をされている方や、イラストレーターやアニメーションなどでデッサン力を必要とされている方などの多くは、専門学校や美術学校などで専門的な知識やテクニックなどを学び、デッサンの理論や技術、様々な対象物を描く技法を身に付けている方です。

目に入る対象物

目に入る対象物をそのままの姿で陰影などを用いて立体的に絵にする技術や、頭の中にイメージしたものをより具体的に且つ鮮明な絵にする技術を証明する資格が幾つも存在していますが、中でも知名度や人気が高い資格として、日本インストラクター協会が認定している「絵画インストラクター資格」があります。
この資格は、デッサンやスケッチに関する様々な技法や道具の的確な使用方法などの専門的な知識や技巧を習得していることを認定している資格です。また、今よりも上手く描けるようになりたい方、専門的な知識や技能を学びたい方にとっては、おススメの資格でもあります。
資格取得後は、デッサンやスケッチに関する知識や技能を活かして、自宅やカルチャースクールなどで、今までに培った経験や知識なども踏まえて、デッサンやスケッチに関するアドバイスや指導を行う事が可能となります。

資格試験は

資格認定をしている日本インストラクター協会が実施しており、受験回数は年6回(偶数月)、受験料10,000円(消費税込)、受験申請はインターネットから申し込み可能、受験は在宅受験となっている事から、誰でも受験することができる人気の資格となっております。
受験者からの評判も良く、資格を取得された方から、
「自分の思い描いたイメージを鮮明に絵にすることができるようになった。」
「デッサンに関する技法が習得できたので、様々な物を描くのが楽しくなった。」
「絵を上手く描けるようになりたい、デッサン力を高めたいと思っている人に、講師として様々な技術やテクニックを指導する仕事をしてみたい。」
などの感想・口コミがあります。
デッサンやスケッチに関する知識や技能、様々な対象物を描くことができる能力がある方は、絵画インストラクター資格を取得して、さらなるスキルアップを目指してみてはいかかでしょうか。

デッサン  デッサン

*
*
* (公開されません)