センスが問われるレジンデザイン

ハンドメイド戦国時代

レジンを使ったハンドメイドのアクセサリーが人気を集めています。初心者でも扱いやすく、専門的な知識が無くても簡単に作れて、きれいに仕上がるところが魅力です。ただ、それだけに作家が飽和状態で、アイディア勝負で差をつけ合うような状況になっています。レジンのアクセサリーは、ミール皿にパーツを盛り合わせたり、シリコン型で抜いたり、押し花などを封入したりと、基本的にできることが限られています。

 

その中で他の作家と違いを出すためには、デザインで勝負するしかありません。デザインはセンスが問われるので、難しいところです。

 

センスは磨くことができる

デザイン勝負はセンス次第というと、才能の世界なのかなと思ってしまいそうになりますが、才能が無ければハンドメイド作家になれないなんていうことはありません。センスは磨くことができるからです。たくさんのハンドメイド作家の作品を見て研究したり、基本の技術を見直していけばレベルアップすることができます。

 

一番良いのはスクールに通うことです。スクールなら、専門の講師に指導やアドバイスを受けることができますし、アクセサリー資格を取得して、将来に活かすことができます。生徒同士の交流も、新しいアイディアのヒントになるはずです。

 

資格取得は新たなキャリアに繋がる

レジンを使ってアクセサリーを作ることそのものは、基本的に簡単で、独学でもできるでしょう。ですが人気ハンドメイド作家になりたいとか、講師として生きていく道も探りたいというなら、スクールに通って学ぶことが近道です。

 

アクセサリー資格を取得すれば、購入者に信用を与えて、ハンドメイド作家としてもステップアップできるでしょう。アクセサリー資格を取得するための勉強で身につけた知識や技術は、これからの人生にきっと役立つはずです。しっかり学ぶことで、アクセサリー作りを単なる趣味で終わらせず、新たなキャリアにすることができます。

 

まとめ

ハンドメイドアクセサリーの人気が続いています。長いブームの間にたくさんのハンドメイド作家が出現して、少しでも他の作家と違いを出そうと、デザインの工夫でしのぎを削っています。

 

スクールに通えば、アクセサリー作りの技術を基本から身につけられますし、講師や生徒との交流の中でセンスを磨くことができます。アクセサリー資格を取得すれば、ハンドメイド作家としてもレベルアップになり、講師として新たなキャリアを歩むこともできるようになります。アクセサリー作りを単なる趣味で終わらせず、この先の人生に活かしていくことを考えてみましょう。

関連ページ

レジンアクセサリー資格を取るには
ハンドクラフトを趣味として楽しんでいる人は多いでしょう。ひとくちにハンドクラフトといっても、種類は豊富ですが、最近では手軽に材料が手に入ることもありUVレジン液で作るアクセサリーが人気を集めています。UVレジンとは透明な樹脂のことで、ライトを当てると硬化する特性があります。
クラフト手芸資格をとるには
手芸が好きで、いろんな物を手作りしている人は多いでしょう。部屋に飾る為や友達や家族にプレゼントする為に作っている人もいます。ハンドメイドやクラフト手芸にも資格があるので、手芸が好きな人はチャレンジしてみると良いです。
レジンのオーダーメイドを受ける時の注意
近年手軽にハンドメイドできると人気のレジンアクセサリー。簡単に説明すると、型に液を流し込み固めるだけです。きちんとアクセサリーを作成する場合は別ですが、太陽光で固まるので専用ライトがなくても手軽に始められるのが人気の秘訣です。
レジンでできるデザイン
アクセサリー作りが人気を集めていますが、特に注目されているのがレジンを使って作るアクセサリーです。身近な場所で必要な道具を揃える事ができるので、誰でも簡単にアクセサリーを作ることができます。基本的な作り方に慣れてきたら作り方を工夫して様々なデザインのアクセサリーを作る事に挑戦してみましょう。